英会話独学~簡単にレベルアップ~
独学で英会話力をレベルアップさせたいかたにおススメです!20数年いろんな方法で英語を勉強してきた私がこれは簡単で面白いと思ったやり方を紹介していきます。自宅で人知れず英会話力がレベルアップ!
200702<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>200704
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
アメリカのスラング その23
〈アメリカのスラング その23〉


picky    preference, particular (選り好み)
                              

例) 

She's so picky about her clothes.

彼女は服の好みにうるさい。



<一言>
picky はまたchoosy に置き換えられる。






スポンサーサイト

テーマ:英語学習記録 - ジャンル:学問・文化・芸術

アメリカのスラング その22
〈アメリカのスラング その22〉


boo-boo    mistake(過ち)
                              

例) 

If you make another boo-boo like that , you won't have a job.

もう一度ミスしたら、仕事なくすよ。



<一言>
boo というと擬音語ブーという意ですが、重複して言うと、また違った意味合いになるんですね。

テーマ: 英語・英会話学習 - ジャンル:学校・教育

おすすめドラマ~SMALLVILLE~
SMALLVILLE
SMALLVILLE ヤング・スーパーマン <セカンド・シーズン> DVDコレクターズ・ボックス1


これはアメリカの人気テレビドラマの一つ
ヤング・スーパーマンというとお馴染みのスーパーマンを想像してしまいますが、
内容は違うかな。。。

これもフレンズなどのようにかなり長いことやってます。
フレンズに比べると、出てくる英語は比較的易しいようです。
それに会話と言うより、SFのようなストーリーなので、
映像を見てれば、流れは大まか理解可能。

個人的にはシーズン1などの古いものの方がけっこう楽しく見れました。
最初の頃が肝心で、この若きスーパーマンの生い立ちとでも言うか、
出生は一番初めのストーリーで登場するので。
これを見ないことには・・・

今はテレビでシーズン6の途中をやってます。
語学学校の教材でもけっこう使われてるので、
興味のある方は是非見てみてくださいね!




●オープニングの曲がSomebody save me ~♪ と流れるのが印象的な作品です!

テーマ:洋画 - ジャンル:映画

アメリカのスラング その21
〈アメリカのスラング その21〉


ass (arse)    a rude way of telling s.b. to hurry (急げ),   your bottom (尻),  anything depleasing (不快)
                              

例) 

Kiss my ass!  ばかばかしい。
Move your ass. こっちへ来い!

I feel like ass today.  今日は気分が悪い。

<一言>
ass はいろいろと使われる場面がありますが、どちらかというと汚い言葉遣いになるので、あまり使わないほうがベター。ass(お尻)という意味からMove your ass は腰を上げてさっさと行動に移せみたいな感じですね。arsehole なんて言葉も映画などでよく耳にしますね。



テーマ:外国語学習 - ジャンル:学校・教育

アメリカのスラング その20
〈アメリカのスラング その20〉


blow s.o. off  
           
→ don't do s.t. because you don't want to
                                       (重要でないとして受け流す)
                                  treat s.t. as unimportant

※s.o. → someone,     s.t. → something
                          





新TOEIC対策講座―3ヶ国音声付メールセミナー【TOEIC英文法30日間集中プログラム!】

テーマ: 英語・英会話学習 - ジャンル:学校・教育

アメリカのスラング その19
〈アメリカのスラング その19〉


sucks    terrible (ひどい)
         
                       

例) 
That's sucks. (That's terrible. )   ひどい!
    Her acting sucks.  彼女の行動は不愉快だ。


<一言>
似たような単語でsucker というのがありますが、スラングとしてはこの場合(人を)だますという意味合いで使います。



元翻訳が教える】才能なしの凡人がムチャクチャ英語がうまくなる秘密の勉強方法 60日サポート付

テーマ: 英語・英会話学習 - ジャンル:学校・教育

アメリカのスラング その18
〈アメリカのスラング その18〉


freak out   really upset, scared, anxious 
            (ひどく怒る、驚く、怯える、心配する)
         
                       

例) 
It  freak me out to see him so depressed.

   彼のあまりの落胆には驚かされた。


<一言>
他にもcrazy などのような意味合いもあります。

   
留学なし、英会話学校なし!たった90日で使える英語を身に付ける魔法の英語速習術
アメリカのスラング その17
〈アメリカのスラング その17〉


all wet   to be completely wrong (完全に間違ってる)
         
                       

例) 
His idea is all wet.

   彼の考えは完全に間違っている。
   
  


ナマケモノでも1週間で海外旅行でズバズバ英会話する方法

テーマ: 英語・英会話学習 - ジャンル:学校・教育

アメリカのスラング その16
〈アメリカのスラング その16〉


ace   very good (一流の人、熟練者)
         
                       

例) 
He's an ace lawyer.

   彼は一流の弁護士だ。
   
  
(一言)
日本語でもエースという言葉は浸透していますね。試験で一番を取ったりする時にも使われます。
He aced the English test.(彼は英語のテストで一番だった。)



テーマ: 英語・英会話学習 - ジャンル:学校・教育

アメリカのスラング その15
〈アメリカのスラング その15〉


yummy   very good to eat, delicious  
           
(非常に美味しい)
         
                       

例) 
This cake is yummy.

   このケーキはとっても美味しいわ。
   
  
(一言)
yummy は主に小児語ですが、親しい間柄では大人でも普通に使ってます。yum-yum(美味しい)も似たような感じ。前述のyucky反意語と覚えておけばいいでしょう。



現役英語講師が教える!「らくらく英会話上達法」

テーマ: 英語・英会話学習 - ジャンル:学校・教育

アメリカのスラング その14
〈アメリカのスラング その14〉


yucky   bad, extremely unpleasant 
          (きわめて不快な、まずい)
                       

例) 
This food was yucky.

   この食べ物は美味しくない。
   
  
(一言)
yucky は食べ物のみならず、いろんな意味で不快感を表す時に使われてます。匂いだとか、色だとか いろいろ。またyucky はyukky とも書きます。
Oh, yucky. What smells of old sour milk? 「わぁ、変な匂い。この腐ったミルクのような匂いは何?」 



テーマ: 英語・英会話学習 - ジャンル:学校・教育

アメリカのスラング その13
〈アメリカのスラング その13〉


screw up  make a bad mistake  (大失敗をする)
                       

例) 
If you screw up one more time, I will fire you.

   もう一度ヘマをやらかしたらクビにするぞ。
   
  
(一言)
また計画してあったことなどを「台無しにした」のような感じでも使われてます。
Breaking my leg screwed up my holiday plans!  
(足の骨折は休暇を台無しにした。)



留学なし、英会話学校なし!たった90日で使える英語を身に付ける魔法の英語速習術

テーマ: 英語・英会話学習 - ジャンル:学校・教育

アメリカのスラング その12
〈アメリカのスラング その12〉


buck  dollar  (ドル)
                       

例) 
He owes me ten bucks.

   彼は私に10ドルの借りがある。
   
  
(一言)
アメリカやオーストラリアで主に使われています。普段の会話の中ではよく使う言葉です。big bucksmega bucks は「大金」という意。



ワンクリックで世界の情報収集ができるんです!?


テーマ: 英語・英会話学習 - ジャンル:学校・教育

アメリカのスラング その11
〈アメリカのスラング その11〉


beat  tired  (疲れている)
                       

例) 
I'm really beat because I was awake all night.

   一晩中起きてたんで、とっても疲れてるんだ。
   
  
(一言)
このbeat※名詞の前には置きません。
またdead beat というと疲れ果てた、、、という意味になります。
You must be dead beat. (疲れ果ててるにちがいない) などのように使われます。



テーマ: 英語・英会話学習 - ジャンル:学校・教育

アメリカのスラング その10
〈アメリカのスラング その10〉


get it   to understand something (理解する)
                       

例) You got it ?       分かった?
       Yeah,  I got it.   うん、分かったよ。

   

  
(一言)
スラングとして紹介する必要はなかったのですが、頻繁に使われてる言い回しなので
紹介させていただきました。普段の会話でも映画の中でもしょっちゅう出てきます。understandと同じ意味ですが、よりネイティブっぽい感じ。言葉などを聞き取れたか、理解できたかの確認などに使います。


留学なし、英会話学校なし!たった90日で使える英語を身に付ける魔法の英語速習術

テーマ: 英語・英会話学習 - ジャンル:学校・教育

アメリカのスラング その9
〈アメリカのスラング その9〉


cheesy   cheap, outmoded (流行遅れの、安っぽい)
                       

例) Why are you wearing such cheesy clothes?

   なんでそんな安っぽい服を着てるんだ?
 


   
(一言)
質の劣ったものを表現するときに使われています。同意語としては lousy, miserable, paltry, poor, rotten, shoddy, sleasy, trashy,  crummy etc.




テーマ: 英語・英会話学習 - ジャンル:学校・教育

アメリカのスラング その8
〈アメリカのスラング その8〉


armpit   very unpleasant or ugly place (不快な場所)
                       

例) This hotel is an absolute armpit.

   このホテルは絶対汚い。
 


   
(一言)
armpit は人の体の部位で言うと『ワキの下』という意。その意味からも連想できるようなスラングですね。



テーマ:英語 - ジャンル:趣味・実用

英会話の独学勉強には人気テレビドラマが大活躍!
『フレンズ』
      ~アメリカ人気テレビドラマ~


私がもっとも好きなアメリカのテレビドラマ『フレンズ』
知ってる方も多いはず。
日本でも以前NHKだったか(よく覚えてませんが・・・)
吹き替えで放映もされてましたね。

レイチェル・モニカ・フィービー(女性陣)、
ロス・ジョーイ・チャンドラー
(男性陣)の6人の
コミカルで時にはシリアスな友情シーンを描いた代表的なアメリカドラマ。

実はこのドラマも英語の勉強には大いに役立つんです236
語学留学した先で授業のカリキュラムに組まれてるところもあるくらい。。。
内容的には性関係のことについても多く触れられてたりするので、
先生曰く「これを教材・・・???」って感じの意見も。
ですがネイティブの言い回しやまた多くのスラングなども
出てくるので実践英会話を学ぶのには大変適した教材とも言えるでしょう。

シーズンから10まで各24エピソードの大変長いストーリー。
1994年から2004年までの10年間、同じキャストということも
このドラマの人気が伺えます。
アメリカでは何度も繰り返しテレビで放映されてるくらい・・・

英語があまり理解できなくても、キャストの動きや表情を見るだけでも
笑えるシーンは満載!
もちろん英語が理解できれば楽しさ倍増ですけどね。。。

英語の勉強にと見始めた私はその面白さに、今では
かなりこのドラマの虜になってしまってます。

まだ見たことのない方、、、おススメです!!


テーマ: 英語・英会話学習 - ジャンル:学校・教育

アメリカのスラング その7
〈アメリカのスラング その7〉


have a ball   to have a very good time
            (楽しい時間を過ごす)
                       

例) We had a ball at the party last night.

   昨夜のパーティは楽しかった。
 


   
(一言)
他にもball にはいろいろな意味があります。例えば睾丸(testicles)なんてのもこのballが使われており、男性に向けてhave balls「根性がある」という意。女性の前ではタブーイギリスのスラングでは「ばかげたこと」という意味でも用いられてます。






テーマ: 英語・英会話学習 - ジャンル:学校・教育

アメリカのスラング その6
〈アメリカのスラング その6〉


pee  to urinate (小便をする)
                       

例) Have I got time to go for (have) a pee before we leave?
         出発前にトイレに行く時間ある?

         I always have to pee after drinking alcohol.
    私はいつもお酒を飲むとトイレに行きたくなる。
 


   
(一言)
親しい間柄ではトイレに行きたい時にはこのようにpeeを使うことが多いようです。小便というより「おしっこをする」という意。
親が子供に対して話す時にも使われてます。






テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用

アメリカのスラング その5
〈アメリカのスラング その5〉


bazillion  an infinite number of something
         (非常に多くの、数え切れないほどの)
                       

例) It's gonna be worth a bazillion times that. 

   それよりも何倍もの価値になる。


(一言)
この単語は辞書で引いても残念ながら出てこないと思います。でも実際アメリカでは当たり前のように使われています。非常に大きな数を示す時の表現によく出現する言葉です。million(100万) や billion (10億)に語源が似てるのでイメージは沸くと思います。またa を伴った単数として使われてます。







テーマ:趣味と日記 - ジャンル:趣味・実用

copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。